ちょっと問題があったけどジジを里親の元へ

どうも、ばはむるです。

予定通り日曜日にジジを里親の元へ送って参りました。

ただ、ちょっと問題があってマジで焦ったw

 

朝に里親さんへ渡す荷物などを用意して、

家族に隠れて少し泣いて、

さて車で京都へGo!となった訳だ。

 

車に乗るのは、二回目やし怖いやろう思って、

膝の上で抱っこして連れて行こうと思ったんだな。

 

そして、車が出発。

最初からめっちゃ怯えるジジ。

どうやら、車のエンジン音とかが怖いらしい。

 

必死に俺にしがみついたり。

背中の隙間に入ろうとしたり。

それでも、膝の上に引き寄せた。

 

だが、それでも安心しないようで足下に降りてスフィンクスの形になって停まっていたんだが、

ある瞬間にフッと姿を消す。

 

この時点でコーナンの前あたりやったかな?

ちょっと心配やったけど、まぁさすがに車から出る事は無いだろう。

そう思って着くまで放っておいた訳だ。

 

そして、2時間程で里親さんの元へ到着。

ジジの捜索を開始。

 

座席の下、後部座席、エンジンルーム。すべて調べた。

ここら辺に隠れたかな?という所でも声をかけ叩きまくった。

それでも出てこないし、ニャーという声も出さない。

 

あの一瞬で居なくなった場所で落ちてしまったか?と思って、

ホンダに電話をして聞いてみたら車内から外へつながる場所は無い。との事。

 

とりあえず、里親さんには荷物だけ渡して。

京都内を巡ってみる事に。

 

その途中で、息子が病気(※後で書く)だったのでお菓子をもらえずに泣き出す。

くっそでかい声で泣き出す。

と、その瞬間。

 

『ニャー』

 

という声が!

どうやら車内に居るようだ。

潜んでいたのは、最初から気になっていたダッシュボードの裏。

 

ダッシュボードの隙間から手を入れると確かにジジを触れる。

そして、たまにその隙間から顔を出してくる。

だが、入れたは良いが出れないようだ。

 

近くのホンダに行ってダッシュボードを外してもらうことに。

快く承諾してくれて無事ジジと再会。

そのまま里親さんへ引き渡しに。

 

里親さんに渡すときは、爪を最大限に出して俺から離れようとしないジジ。

俺は、家を出るまえにトイレでひとしきり泣いておいたので大丈夫である。

そして、無事里親さんの元へ渡す事ができましたとさ。

 

ちなみに、大学生の子は普通な子でした。

きっと、彼が大切に育ててくれる事でしょう。

我が家から暴れん坊が一人減って寂しい限りである。

段ボールとか全部捨てたけどな!w

 

ほなな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

  • もちゆき

    ダッシュボードに入って出れなくなったのは、たまたまか、もしくは離れることを察知したのか、

    お疲れっした!!

コメントを残す