確定申告で還付じゃなくて納税するときは不親切に気をつけよう

どうも、ばはむるたんです。

今日は、軽く焦ったので備忘録。

納税期限を遅れて納税したので遅延税をとられることになった。

経緯はこれだ。

 

今年初めてe-Taxというネットで確定申告ができる方法でやる

なんかよう分からんツールを使って申告

ツールに『後日、担当者から連絡があるかもしれません』と書かれている

これは、後で納税用紙や方法を連絡してくれるんだろうと待つ

つい先日、『納税しろや!という督促状』が届く

急いで今日納税

八尾税務署から電話がかかってくる

どうやら納税したんか?という確認。その時に遅延税も後日とられるから待っとけよといわれる

何~!!!!と思った俺は、遅延税を計算する

計算すると80万近くとられる計算に・・・。マジで焦る。

しかし、計算方法を書いている用紙をしっかり見ると計算式の下に小さく『365』って書かれていることに気付く

 

そして、少し安心・・・。どんだけちっちゃくかいとんねん!ぼけ!

てゆうか、納税せぇ納税せぇ言うときながら、

納付の用紙とか何も送ってけえへんのかい!

そんなん知らんっちゅうねん。

 

来年は気をつけよう。

そして、初めて納税する人も気をつけよう。

しかし、また80万近くとられると思ったときはマジで焦った。

 

ほなな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • 苦楽

    支払いが80で遅延しただけで同額追加とか893も真っ青な率
    役所相手に受身は何一ついいことないと学べたな

    • bahamul

      よー考えたらそうなんやけど。
      実際、お国のことやからやりそうでびびったわ。

コメントを残す