26歳の会社員が独立の背中を押してくれた書籍たち

今では何とか独立して成功に向かい始めたアラサーおっさんの俺やけど、この書籍たちと出会ってなかったら途中で挫折していたかもしれない。その前に一生会社員で満足していたかもしれない。そんなすばらしい書籍たちを紹介しておきます。

これから仕事を辞めて何かやろうと思っている人、今頑張って何とかしようとしている人にめっちゃおススメな書籍です。ご一読あれ。

まずは、ベタな書籍

おススメポイント
よく紹介されている書籍。かなり昔の書籍やけど問題ない。この本を読めば会社から賃金を貰って働くことがどれだけリスキーなことなのかが分かりやすい。時間 * お金 = 給料 という方程式が当たり前と思ってしまっている人には斬新でしょう。 貧乏で一生を終えたくないのであれば読むべき。

おススメポイント
俺の収入を数倍にまで引き上げることができるトリガーとなったと言っても過言ではない書籍。書いてあることが的確すぎて困る。俺が口を酸っぱくして頭で考えるんじゃなくて紙に書き出すんだ!と言ってる理由がよく分かる書籍。とにかく稼いでいる人がやっていることを真似ることから始めることが大事です。
金を稼ぐ = 悪 という日本特有の考えを払拭するには良いですよ。お金を頑張って稼いで人を雇ったり、ボランティアに寄付したりして人の為に使えば良いんですよ。

あれ?意外と少なかったぞ?wまぁ、正直この手の本は何冊も読んでみると根本的なことは同じことを書いてるんで、これだけでも十分独立・起業の手助けになると思いますよ。マジで。

アフィリエイトに取り組んでて、どうしてもモチベーションが保てないというなら読んでおきなさい。1冊読むのに1週間も掛からんよ。

書籍読むだけで、成功している人の頭の中が数時間で分かるんだから読まない手は無い。独立・起業なんて自分で考えるもんじゃないんですよ。

歴代の諸先輩方のありがたいお言葉を頂戴して、それを見習うことが大事。まずは、基本を忠実に取り組んで、後から自分独自のノウハウを展開すると良いと思います。

さぁ、身内の独立祭りじゃ~!!w

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す