関東エリアを中心に40店舗ほどあるラーメン二郎ですが、色んな噂がありますよね。敷居が高いように感じている人も多いでしょう。そこで簡単にラーメン二郎についての情報を簡単にまとめてみました。

熱狂的ファンをジロリアンと呼ぶ

ラーメン二郎の熱狂的ファンをジロリアンと呼びます。毎日のようにラーメン二郎に通うジロリアンはどのくらいいるのか気になりますよね。毎日ラーメン二郎を食べてはブログにアップするという「康太ブログ」が話題になったこともありました。

店舗によって味に違いが出る

店舗によって味に違いが出るのは皆承知のことのようで、それぞれが気に入った店舗へ足を運びます。ラーメン二郎に行きたいと思ったら、どの店舗に行こうかと下調べもしたほうがいいかもしれませんね。ちなみに、同じ店だったとしても、スープのしょっぱさなどが異なることは珍しくないようです。ラーメン二郎用語では、味の振れ幅のことを「ブレ」といいます。

注文を伝えるタイミングがある

注文はラーメン二郎独自のルールのようなものがあり、初めて行く人はドキドキしていくのだとか。ラーメン二郎では注文を伝えるタイミングが大まかに2回あります。

・1回目は食券を買って店員さんに渡すときに「麺の固さと量」を伝える
(職券を買う前に店員さんに聞かれる場合もあるので頭に入れておきましょう)

・2回目は出来上がったラーメンが出される直前に味とトッピングの好みを伝える

初めての方はぜひ参考にしてくださいね。

雑記

元々イーバング銀行として運営されていた銀行を楽天が買い取ったことで「楽天銀行」となった銀行。インターネットバンキングの第一人者で手数料もとても安くて振込も凄く早いということで私も重宝させてもらっている楽天銀行。

楽天銀行の手数料は格安

楽天銀行は三井住友銀行といった実際の店舗は存在しない銀行で、完全インターネットバンキングの銀行。だから、他の大手銀行や地方銀行、信用金庫と違って振り込み手数料などがどこよりも安い!

特に楽天銀行 vs 楽天銀行で振込をした場合は、手数料が「0円」なのでとても便利。お仕事で記事を作成してくれた外注さんにお振込する際、相手が楽天銀行だと何気なく嬉しいですからね笑

だって、振り込み手数料ってバカになりません。100円以上のところが「0円」になったら最高じゃないですか?私はそんな細かいお金でももったいないって感じちゃうんですよね・・・。

ちなみに他の銀行宛にお振込する場合は「165円」のようです。165円が2回、3回と積み重なったら普通に1日のお昼ご飯代くらいにはなりますよね。

雑記

出前館といえばその名前の通りで出前ができる館。ピザや寿司やカレーといった色んなメニューの出前を総合的に管理しているサービス。

出前館を大阪で

出前館を大阪で注文しようとした場合、出前館のウェブサイトへ行き地域をア行から選んでいけば自分の地域で出前することが出来ます。ア行だったら池田市とか泉大津市とか泉佐野市って感じで地名を選んでいきます。

その後は、またア行から選んでいって市内の何町なのかというのを選んで細かい住所を指定すると、その近くで出前をしているレストランの一覧を表示することが出来ます!

出前したい!って時に探すのは、家に近所のチラシが無いかとか色々ありますよね。インターネットで探そうと思ったら、なかなか見つけれないことも多いので、こういった出前館というサービスを考えた人は面白いアイデアを出したな!って感じです。

出前できるレストランだけじゃなくて、そのお店の評価などもしっかりと書かれているので選ぶ際も分かりやすいのも良いポイントですね^^

雑記

誰かに手紙を書くとき、何かを注文するために封筒で送らないとダメなとき。ふっとしたときに忘れる「郵便番号」。思い出そうとしてもなかなか思い出せないなんてことがありますよね笑
特に自分の郵便番号は普段めったに書くことが無いので忘れがち。

そんなときは郵便番号検索

どうやっても思い出せない郵便番号。そして、相手が郵便番号を書いてくれていなかったとき、どうやって見つけるのか?それは、

「郵便番号検索」

です。これさえあれば、めちゃくちゃ簡単に郵便番号を検索することができます。やり方は非常に簡単。ご自分の住所に対する郵便番号を知りたいのであれば「住所」を入れるだけ。それだけで郵便番号が表示されます。

これは相手の郵便番号を調べるときも一緒ですよ。ご自分の住所を入れていたところを相手の住所を入力するだけで相手の郵便番号を簡単に調べれます。

もし相手の住所が細かいところまで分からない場合でも、日本郵便さんが地方→地名→ア行からといった感じで細かく探せるようにしてくれているので大丈夫。

色々と郵便番号を探す方法を用意してくれているので、ぜひ活用してみてくださいね^^

雑記

メルカリといえばテレビのCMでもかなり放映され始めてから時間が経つので、たくさんの人に認知され始めているフリーマーケットの第一人者。会社としては、まだまだ若い会社で2013年に「メルカリ」サービスを運営する会社として設立されました。約4年から5年ですね。でも、メルカリの勢いは本当に凄いもの。

メルカリの発送方法って?

メルカリって簡単に出品したい商品、売りたい商品を出品することができるので非常に便利。でも、気になるのが買ってくれた個人の方にどうやって発送するのかですよね。これにいたっては発送時の価格をきにしないのであれば何でもOK。メルカリが提供している「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」なんてものも用意されていますし、日本郵便や佐川急便などを使っても問題なし。買ってくれた方への感謝を込めて、しっかりと綺麗に梱包して届ける必要はありますけどね。

メルカリのトラブルはある?

メルカリ上のトラブルでよく聞くのが「値切り」です。値切りしてくるのが当たり前の世界になってきていて、ひどい人だと「出品価格の半額」を指定してくる人だって居ます。そんな人が多すぎて相手をするのが大変なんですよね。まあ、最初からそういった人は相手にしない!と決めておけば問題ありません。

もう一つ問題があるのが「支払い」。購入してくれたは良いけど支払ってくれない。という方も多いです。確率的にお金の余裕が無い人。学生の人が多いと感じますね。

雑記